今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ライカ 一眼レフ 買取
2016年1月30日

光学機器の総合メーカーであるライカは、1849年のドイツにて顕微鏡メーカーとして創業を開始しました。その後20世紀の初頭に映画カメラの開発製造に着手したライカは、映画用フィルムの技術を転用する形にてスチールカメラの開発を開始、1925年に初の市販用カメラの販売を開始します。それ以後長きに渡りライカカメラはレンジファインダー型であり、これによって世界的にも高い評価を得ておりましたが、1970年代になり、ついにライカも一眼レフの発売に漕ぎつけます。当初ライカの一眼レフはあまり芳しい評価を得ることが出来ませんでしたが、徐々に技術的な蓄積が行われ、技術革新が進む中で1980年代にそのブランドとしての権威を完全に復活させ、それ以後は世界にその名を轟かせ続けております。

このライカの一眼レフカメラは性能の高さのみならず、重厚感あるデザインや使用感の良さもあり、世界中にたくさんの熱心な愛好者達が存在しております。そのため中古品市場においても非常に高額にて取引がなされるということも少なくはありません。当社に於きましても、現在こうしたライカ製一眼レフカメラに関しまして、現在積極的な買取をさせていただいております。プロ、アマチュアを問わず、ご自宅やスタジオなどにてお持ちのお品物に関しましてご売却をされても良いとお考えの方はいらっしゃいましたら、ぜひ当社までご連絡をされてみてください。当社はライカカメラを専門的に取り扱っている業者であり、一般的なリサイクルショップなどと比較してよりしっかりとした査定をすることが可能であり、また高いお値段をお付けする自信がございます。

もしご売却するかどうかに関してご決心がつきかねているという場合には、まずは査定のみを無料にてお受けし、買取金額を確認していただくということも可能となっておりますので、どうかご気軽にお問い合わせください。それでは当社一同、お客様のことをお待ちしております。

ライカ 一眼レフ