今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ライカカメラの購入方法

2016年12月26日

カメラ好きなら必ずその名を知っているライカは、ドイツの光学機器メーカーであるエルンスト・ライツが元となった世界でも有名なカメラブランドです。

ライカではレンジファインダーカメラや一眼レフカメラの他にも、コンパクトカメラ、双眼鏡、フィールドスコープなど多くの製品を製造・販売しています。

ライカのカメラはレンズの描写性能を代表として品質が非常に高くて、そのためプロカメラマンからアマチュアカメラマンの多くが愛用しており、値打ちのある年代物のカメラも多く、コレクターも世界中にたくさんいます。

ライカは特にレンジファインダーカメラの最高傑作を製造したことで知られており、それに敵わないと思った国内メーカーは一眼レフの開発へと移行していったとされています。

ライカが1954年にレンジファインダーカメラM3を発表するまで、国内メーカーではライカを研究し続けて、それを真似してきたとも言われているほどです。

レンジファインダーカメラM3は今から60年以上前のカメラで、発売以来10年以上に渡り製造されていましたが、今でもそれを求める人は多く、ライカの中でも伝説的なカメラとなっています。

レンジファインダーカメラM3は現在では製造されていないため、購入方法はオークションや中古カメラを取り扱う販売店がメインとなりますが、現行のライカカメラはカメラ専門店や家電量販店や通販サイトなどで購入できます。

ライカカメラの特徴としては、値段が高いことが挙げられます。

中古カメラでも100万円を超えるものが多く、コストパフォーマスとは別物のカメラメーカーと認識しておいた方がいいでしょう。

中古のライカカメラを購入する時には、保証や修理サービスがある専門店を選ぶのがお勧めです。

オークションで数十万円~100万円以上のお金を出して、すぐに故障してしまうなんてことも珍しくはありません。

弊社では新品から中古品まで、これまで発売された全てのライカカメラの買取りを行っています。

弊社はライカカメラ専門の買取店であるため、故障していても修理可能と判断できれば買取りできる場合もあるので、ライカカメラを売りたい方はまずはお気軽に弊社までお問い合わせ下さい!

ライカカメラの購入方法