今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
普段の保管方法を見直そう

普段の保管方法を見直そう

普段の保管方法を見直そう 

ライカカメラ買取ドットコムでは、使用しなくなった不用なデジタルカメラや一眼レフカメラ、レンジファインダの買取を行っています。中でも、ライカのカメラは買取強化中のカメラです。そこで、実際に買取実績のある製品について挙げていきましょう。

買取実績のあるカメラの種類

レンジファインダー 

レンジファインダーの中には、ライカのMシリーズには、小さなボディにフルサイズのイメージセンサーのついたM9ブラックボディ、関東カメラサービス記念モデルのM6TTLやコンパクトライカミノルタのOEM版のCLや完成度の高い大人気モデルの王道ライカのM3、製造の少ないM5の中でもレアなクロームのM5クロームボディ、M3のスペックダウンモデルとして発表されたM2クロームボディ、製造台数の少ないクロームボディのM4-Pクローム、ファインダー倍率0.85倍のM6、カナダ製のスタイリッシュなデザインの原型でもあるM4クロームボディ、全体の部分がブラックカラーにペイントされたM2ブラックペイントやオーストリッチ風の革張りチタン仕上げ仕様のM6チタン、カナダ製モータードライブ機構搭載のM4-2、機械式シャッターの自動復元式フィルムカウンターのMPブラックボディ、ライカファンに人気のM8ブラックボディなどが挙げられます。

一眼レフ

液晶モニターにサファイアガラスを採用したS2-P、機械式シャッター仕様のR6シルバーボディ、モータードライブ総裁装置に対応したモデルとされているFLEX SLMOT、R4のダウンスペックモデルのR4Sブラックボディ、フィルムカウンターを上部にも増設したR9ブラックボディ、絞り優先AEマニュアル露光のR3シルバーボディ、SLにおいて希少なブラックボディのFLEXSLブラックや特殊なボディーデザインの完全自社設計のR8シルバーボディが挙げられます。

以上で挙げたような製品が買取実績のある製品ですが、当店ではより高めの査定を目指しています。

そこで、普段のカメラのお手入れ方法を見直すことが大切です。あなたの普段のご自宅のカメラの取り扱いについて考えてみましょう。
まず、査定の前により高い査定をつける為にもカメラの本体やレンズを清潔な状態とし、カメラが正常に作動するかどうかを定期的に確認して、自宅の押し入れやクローゼットや車内に保管したままにしないようにこまめなレンズチェックが大切です。
また、保証書や付属品などの有無によっては、買取価格が大幅に変動する場合がありますので、その辺りも認識しておかれると良いでしょう。