今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
故障品と諦めないで。そのレトロな佇まいをインテリアとしてお求めの方がおられます。

故障品と諦めないで。そのレトロな佇まいをインテリアとしてお求めの方がおられます。

故障品と諦めないで。そのレトロな佇まいをインテリアとしてお求めの方がおられます。

ライカカメラはドイツで1913年に創業された光学機器メーカーで、レンジファインダーカメラや一眼レフカメラ、双眼鏡などカメラを中心に製造販売している会社です。

100年以上の歴史を誇るため全世界でライカファンたくさん存在しており、カメラを買うならライカだという人も多いですよね。

映画用カメラの試作がきっかけとなって小型のスチルカメラが誕生したということです。

ライカがなかったら35ミリカメラの誕生ははるかに遅れていただろう、といわれるほど、カメラ業界大きな影響を与えたブランドです。

ライカカメラはレンジファインダーカメラのMシリーズや、一眼レフカメラのRシリーズ、コンパクトカメラや現在のデジタルカメラまで、あらゆるタイプのカメラが発売されて来ました。

スマート機器で簡単に写真撮影が可能になった現在でも、写真はやはりライカカメラではないと写真を撮った気がしない、という方も多いですよね。

1930年代には日本で家一軒の価格と同じくらいだとも言われたライカカメラは、戦時中だったということで輸入の困難さが原因ともなってはいましたが、それほどライカカメラに対する認識は強かったということもいえるでしょう。

このように過去にはあまりにも高価で一般の人は手を出すこともできなかった、というイメージがあるライカカメラですが、現在では比較的使用しやすいモデルの製品も多く若い方達にも人気のカメラブランドとして定着して来ました。

ライカのカメラで撮影すると、人は人らしく、コンクリートはコンクリートらしく表現することができて、それぞれの特徴や質感を圧倒的に現す力があるといわれています。

これらのメリットが現在まで全世界のカメラファンから愛され続けてきた理由であると言えるでしょう。

過去のライカのレンジファインダーカメラや一眼レフカメラで、故障してしまってから使えなくなりそのまま保管している、という方もいらっしゃることでしょう。

壊れたライカカメラだから買取してもらえないだろう、と思っていらっしゃいませんか?

ライカカメラファンの方はライカのカメラをコレクションしている方も多く、壊れているライカカメラもインテリアとして利用しているという方も少なくありません。

レトロなライカの姿そのままがインテリアとなり、ライカは装飾品ともなるのです。

もし壊れてしまったライカカメラをお持ちの方は、ライカカメラ買取ドットコム無料査定をお受けになって見て下さい!

思っていたよりも高い価格で買取されるかもしれませんよ!

せっかくのライカだけれど故障したから処分しようか、と思っていた方はいらっしゃいませんか?

ライカのコレクターが望んでいるカメラかもしれませんので、まずはお気軽にライカカメラ買取ドットコムの無料査定をお受けになることをお勧めします!

お気軽にご連絡ください!